これはちゃんと、一目ぼれをしたみたいです!

湯船を待っていたケース、目の一部の皆さんで何ががうごきました。1.5mほど下にある田んぼの側溝の中で黒いビニールがはためいたように見えたので、何と覘いてみたらそこには真っ黒い猫がいて、虫か何かに飛びついていました。はなはだ黒の毛並みが小奇麗だったので、少々眺めていると、猫のほうも意思がついでこちらを見つめ返してきました。暫く、見つめあったままで動けませんでした。毛並みだけではなく、その眼は吸い込まれるような結構眩しいブルーだったのです。
なんとなく湯船は平安かなと気付き道の皆さんを見てから二度と、猫を見ると未だにこちらを見ていました。きちんと猫を飼いたいなと思っている先なので、こういう猫を連れて帰りたい衝動にかられました。しかし、間もなく、立ち寄るところでそうすることが出来ず残念でした。それぐらいきれいな綺麗君の猫だったのです。どうも、あたしはこういう黒猫に一目ぼれをしてしまったようです。また会えたらいいのにと思っています。

玉ねぎつめ放題について考えてみた私の結論

この間、スーパーに行ったときに人がむらがっていたのでちょっとのぞいてみるとそこでは「玉ねぎの詰め放題」をやっていました。主婦の人が、楽しそうに(必死の人もいました)詰め放題をしていました。袋いっぱいに詰めている姿は私もやってみたいなと思うほどでした。しかし、私は同世代の友人の中ではケチなほうなので少し考えました。本当に玉ねぎ詰め放題はお得なのかということです。私の家は、まだ1歳の子供と旦那の3人暮らしです。はっきりいって玉ねぎは一回に使う量は半タマです。そんな私たち家族に詰め放題の分ほど必要なわけありません。つまり、多く買ってしまうとあまってしまいます。玉ねぎなんてなんでも料理に使うからあれば困らないと思うかもしれませんが、それが落とし穴だと私は思っています。その日、またはその週に必要な食材しか買わない主義の私はあれば使うだろうという考えは持たないのです。ですから、本当は詰め放題に挑戦してみたかったけれどぐっとこらえて一つ売りの玉ねぎを買いました。こんな話を、夕飯時に旦那にしたら「お前はケチ根性がいい」と笑ってくれました。でも、ほんとうに得なのは実際どっちなのでしょう。大家族なら、絶対に詰め放題で買った方が得なのはわかるんですけど、これからも研究をしていこうと思っています。そんな、玉ねぎ情報でした。笑