作りかけの自分の舞台に何となく熱中してしまった

まだまだ完成度0.1%な感じの樹立時の娯楽で2,3ひとときを潰してしまいました。
娯楽内でもらえることが段々増えてきて、つい遊んでしまう。
他人から見たら何が可笑しいのかイメージ出来ないくらい未完成な状態ですが、自分が好きな因子を詰め込んでいるからなのか、それとも自分が作った炊事が美味しく思える感じ根本なのかは分かりませんが、とにかく自分の娯楽で遊ぶのがおもしろいのです。

今は実行娯楽を作っているのですが、個々は支障ジャンプが好きで、支障ジャンプを実装した時は1ひととき程支障ジャンプで遊んでいました。
支障ジャンプそのものが楽しい事に加えて、自分が書いた措置がちゃんと考えた通りに動いているという潤いが合わさって、楽しさが倍増していました。
延々と支障ジャンプで遊んでいるコントラストは、他人からしたら完全に変人だったと思います。

娯楽樹立そのものが、ある意味娯楽みたいなものかもしれません。
手軽に喜べる類のものではないですが、ひとたびその面白さを体験すると、病み付きになると思います。