甥っ子の運動会一生懸命さに感動しました。

澄みきった青空が甥っ子の小学生の運動会を応援してるかの様な一日の始まりでした。前日からソーラン節の練習を繰り返し、繰り返し大きな掛け声とともに踊っていました。「どっこいしょどっこいしょ。」私たちのどっこいしょとはわけが違います。元気いっぱいです。家の中でとうとう我慢しきれずにソーラン節の音楽を流した時のことです。23,4歳のお姉ちゃんがすっと甥っ子の横に立ちました。一瞬どうしたんだろうなにするのかなと思った瞬間、そのソーラン節を踊りだしたのです。皆はびっくり、食い入るように踊りを見ていました。そしてなぜ踊れるのか聞きました。彼女は、「私は小学校でも高校でも踊ってるし一回覚えたら忘れたくても忘れられないし音楽がかかったら我慢できないからさ。」とのこと。甥っ子と並んでのソーラン節、息もぴったりで運動会の前に最高の争乱節を見せてもらいました。前日の練習の成果もあり、胸を張り一生懸命踊る姿に心を打たれました。この一生懸命さがこれから先力になるんですね。キレイモ 効果