嫌いから始まった恋。急に連絡が無くなった事で恋をした私。

私には大好きな彼がいる。
彼との出会いは、友人の紹介からだった。
初めて電話で話しをした時、ドキドキして心臓が口から出てきそうだった。
この人、自分のこと話すのヘタだなぁ〜と正直思った。
なぜかというと『俺は話すのが上手だ。』とか『面白い人』なんだと言う。
しかし、それを決めるのは聞いている相手であって、自分で自分の評価を言うものではないと思った。
そして彼の猛アタックの結果、ドライブデートが結構した。
いい大人の男性だから、ドライブと言ったらありきたりな所へ連れて行かないのであろうと期待していた。
しかし、彼はありきたりの場所へ連れて行った。
昔、7年間もお付き合いした彼と言った場所であった。
彼は自慢げに『俺たち、周りから見たら夫婦に見えるよね。』と言い出した。
私の心の中で彼はかなりオッサンで、私は彼からしたらミニスカートを履く若さ。
どう見ても、夫婦には思わない。
あまり好みのタイプではないと思っていた。
しかし、ある時、毎日のように電話をくれていた彼から、プッツリと電話が来なくなった。
それをきっかけに、彼に好意を抱いてしまった。
恋というのは、届いてしまうと、どうでもよいものと感じ、手が届かなくなると手に入れたくなるものだと思った。

風邪をひきかけていますが、今日も頑張ります。

やはり、最近の寒さがわざわいして、風邪をひきかけているようです。(皆さんもお気をつけてください!)
病院へ行くほどでもないような軽い症状が、ぐだぐだと数日間くらい続いています。もうちょっと、具合がわるくなったら、かかりつけのお医者さんに診てもらうつもりでいます。
早く治りたいです。寒気が止まらないので、何とかならないかなと思っています。
現在の私はすごい恰好をしています。まだまだ、本格的な冬になっていないはずなのに、ぐるぐるとスカーフを巻き(とても長くて大きなスカーフなのです)、今時誰も着ない感がある分厚いトレーナーをたくさん着こみ、電気ストーブをつけています。
今これだけ着こんでいる状態で、冬の寒さが到来したらどうするのか、自分でも気になってきます。
家族と一緒にいる時は、風邪がうつらないように、マスクをしています。
今、この拙文を読んでいただいている皆さんも、私みたいにならないように、ご自愛くださいませ。