物語の頂上での2頭の龍との戦いなどの話をします

主人公たちは、龍二頭を、相手として、戦う事になります。空気を吸い込むような感じで、ゴーゴー言いながら近づいてきます。主人公たちが、それに合わせゴーゴー言いながら、敵との距離を、せばめていくわけではないのですが、主人公たちは、真剣なムードを漂わせながら、向かい打つ体制で、とりかかります。ゆっくりと、歩き近づいていく。歩くたびに、その2頭の龍たちの重みで、かすかに大地が揺れている中で。やがてそこに、きれつが走ったりもしていくのが、戦闘の中盤あたりです。あちこち大地が、部分的に、ひび割れている。まずは、戦いにおいて龍の先手となり、龍のコンビ—ネーションアタックで、まずは、1頭の龍が、主人公のメンバーの体を、大きな羽根で包み、一時的に、身動き取れなくなり、その状態から、もう一頭の龍の、けりを食らいます。龍の羽根を蹴ることになってその龍が、もう1頭の龍の羽根に、ダメージが生じます。主人公の仲間のキャラは、龍の羽根に、密封された温かさの中での揺れを感じます。